住宅型有料老人ホームのノウハウ|将来お世話になる場所

女性

有料保険施設と有料施設

千葉には介護保険施設と有料老人ホームがあり、介護の必要性や予算によって選ぶことができます。介護保険施設は保険でまかなわれるので入居できる対象者が限られ、入居期間が制限されている場合もあります。有料施設では制限事項が少なく、サービス内容が充実しているところが多いです。

老後を施設で迎える

旭区で老人ホームを探している方は、施設の情報を集めたうえで入居を決定したいものです。料金や施設の雰囲気などがそれぞれで異なるため、楽しく老人ホームで生活していくためにも実際に見学をすることをおすすめします

色々なタイプの老人ホーム

男性と女性

自立の程度に応じて選択

老人ホームにはさまざまな種類があり、身の回りのことをどれくらい自分でできるかによって入居できるタイプが異なります。そのうち、比較的自立度の高い人が利用できるのが住宅型有料老人ホームです。住宅型有料老人ホームは、プライバシーを重視しつつ必要最小限の支援サービスを提供する老人ホームです。各々が居室で自立した生活を営みますが、食事や掃除・洗濯などに対する生活支援が受けられるというのが標準的なスタイルとなっています。ただ、住宅型有料老人ホームの中には外部の介護サービス業者と提携しているところもあります。このようなタイプの施設であれば、軽度の介護状態であっても利用が可能です。また、リハビリテーションプログラムを提供している施設もあります。住宅型有料老人ホームは主として民間事業者が提供しており、一般の賃貸住宅と同じような手続きを経て入居します。入居先を選ぶ際のポイントも、立地や間取りなど、賃貸住宅を探す時とほぼ同様です。ただ、生活の自立度合に応じて必要なサービスや設備が変わってくるため、事前に受けられるサービスを具体的に確認しておくことが重要になります。また、レクリエーション活動を積極的に行っている施設も多いので、その内容も選定の参考になります。なお、費用の支払いについては入居時に数百〜数千万円の一時金を支払い、後は毎月の光熱費や消耗品費を支払うタイプと、賃貸マンションのように毎月利用料を支払うタイプとがあるので、自分の資金計画に合った方を選ぶようにします。

説明をよく聞こう

心斎橋の老人ホームはいくつかあるので、入居するのなら見学しておきましょう。入居当事者とその家族で見学できるようになっています。設備や環境などを重点的にチェックします。また、疑問点や不安点は事前にスタフに聞いて解決しておきましょう。